TOP >プリザーブドフラワー

「プリザーブドフラワー」の特徴と注意点

プリザードフラワーの特徴
 ・プリザードフラワーとは、造花ではなく生け花を用いて、生花の一番美しい姿を
  専用の溶液を用いて加工し長期保存を可能にした花の事です。
  (保存状態によりますが長ければ10年以上保存が可能です)
 ・製造過程で着色液を混ぜることもできるので、豊富な色のバリエーションの
  作製が可能です。
 ・水分や土を必要としないので、手入れなどの作業も不要です。
  (贈り物としても土や水を必要としない上に、生花の美しさがあるので
   喜ばれる事間違いなしです)
 ・生花を加工していますので、花等のアレルギー物質の心配がありません。

プリザードフラワー取り扱いの注意点
 ・日あたりの良い場所での保管は避ける。
  (染料などを混ぜているので、直射日光や紫外線などで色落ちがする場合がある)
 ・布など布繊維に長時間接触させない。
  (染料などが布に色移りする可能性がある)
 ・水気や湿気に弱いため水気や湿気の多い場所での保管は避ける。
 ・エアコンまたはヒーターの近くに保管しない。
  (エアコンやヒーターの風による乾燥で、
   花びらのひび割れが発生する可能性がある)

プリザードフラワーの手入れについて
 ・ほこりやごみなどが付着してしまった場合、筆など柔らかい物で
  付着した汚れを落とす。
 ・湿気が多い場所で保管していた場合、花びらの色が落ちて透けてくる場合がある。
  対処法としては除湿材などを入れて、ゆっくりと乾燥させることが必要で、
  ドライヤー等での急激な乾燥は、花びらのひび割れが起こる可能性がある。
 ・洋服や布などに色移りしてしまった場合は早めにクリーニングに出しましょう。



スポンサーサイト



| プリザーブドフラワー

«  | ホーム |  »

プロフィール

音吉

Author:音吉
酒と音楽をこよなく愛するおじさんです。
でも、殺風景な部屋で酒を飲んでいても美味しくないので、楽器などを飾っていますが、それだけでは寂しいと、花を飾ることにチャレンジ中。

MENU

プリザーブドフラワー

広告

来場者数

検索フォーム